>

高校を卒業してからの進路

最終的に国家試験を受ける

大学に進むと、6年間しっかりと勉強します。
そこで動物を治療する方法や、動物がかかりやすい病気の種類、また動物と接する際の注意点などを学んでください。
この6年間の中に、研修期間の2年が含まれています。
そして最後に、国家試験を受けます。
どんなに一生懸命に勉強していた場合でも、ここで試験をクリアできなければ獣医の免許はもらえず、動物の歯医者さんになれません。

これまでの努力を無駄にしないよう、真剣に試験に臨んでください。
試験の難易度はかなり高いですが、動物を助けたいという目標を持っている人ならクリアできると思います。
勉強のコツは、わからない部分はすぐ講師に聞くことです。
講師から詳しい説明を聞くことで、内容を理解できるでしょう。

学費が高いと言われている

私立の大学に進む場合は、入学金として30万円ほどが掛かります。
さらに年間の授業料として150万円ほどが発生し、他にも施設の設備費、実験実習費などを含めると、250万円前後となります。
国立の大学は入学料が28万円、授業料が53万円程度と、私立の大学に比べると多少は安いです。
しかし学費が安い代わりに、私立よりも入学するのが難しいと忘れないでください。

中にはバイトをして、学費を稼ぎながら獣医の勉強をしている人が見られます。
それも良い方法ですし人生勉強になりますが、バイトを始めると勉強する時間が短くなってしまいます。
お金を稼ぐことに集中して、勉強が疎かにならないよう気を付けてください。
あくまでも、優先するのは勉強です。


この記事をシェアする